一般定期借地権

不動産11

定期借地権には3つのタイプが存在します。ここで紹介するのは一般定期借地権で、最もオーソドックスで一般的なも>になります。実際に家を購入して、定期借地権を利用する、逆に土地を貸すという人はこちらを考えることになるでしょう。

内容としては借りる期間を50年以上として設定したものにあてはまり、期間が満了するに伴い原則として借主は建物を取り壊して土地を返還する必要があるというものです。

つまり自分で家を買っていても、元が土地を買っていないで借地だった場合、家を取り壊して土地を返還しなければならないということです。

見様によっては残酷な法律ですが、実際借地の権利は貸主にあり、あくまで借りている方は一時的なものだということが分かります。

土地が更地になって戻ってくることで、それまでに上昇してしまった固定資産税や物価などの不足分もまた、借主を見つけることが出来れば補うことは簡単です。

貸主の権利をさらに強化したのがこの定期借地権ということになります。

本来借地の所有者は貸主側で、普通の借地権だと土地を引き続き借りる更新をすることを拒めなかったり、再開発のためにどうしても土地を借り受けな狩ればならない場合、時間も手間もかかってしまうため双方に利便性のある法律となりました。

→事業用借地権