- 未分類

定期借地権とは

1992年8月に施行された借地借家法の一種である定期借地権。本来借地権は契約期間は定められているものの、更新という手段を取ることで続けてそこの借地権を主張することができます。つまり借地権は期間満了後も、借地契約者に更新が認められ、借地権設定者からの更新拒絶も制限があり、借地権者には建物買取請求権があるなど、借地権者に有利な法律となっています。

サラリーマン定期借地権では定められた契約期間で借地権は終了し、その後更新されることはありません。土地を買うということではなく、権利を買うという点では借地権と同じになります。土地の本来の持ち主は借りたまま土地を自由にいじられてしまいそのままという心配がなくなり、安心して土地を貸すことが出来、その分借りる方は少ない負担で綺麗な家を持つことが出来ます。土地の賃借を円滑に行うことが出来る制度です。この法が制定されたことにより、土地は借りられたら一生帰ってこないものから、必ず戻ってくるものに変わり土地代と保証金を得ることが出来るというものに変わりました。

借主に対しても、約束の期間だけしっかり借りることが出来るので長い期間高い金額を払わずに済みます。借地権自体が借主に有利であり、地主側に不利であることから不動産業界からの要望なども考慮して法律が改正され導入された制度です。ちょっとの期間だけコストを抑えて場所を借りたいという人にも気軽に借りることができます。この借地借家法を紹介していきます。


△関連記事△

  1. 一般定期借地権
  2. 建物譲渡特約付借地権
  3. 事業用借地権
Pocket