- 未分類

建物譲渡特約付借地権

3つのタイプが存在する定期借地権。その1つが建物譲渡特約付借地権になります。定期借地権の中で唯一その建物が地主ものになる権利です。借地権の契約期間が30年以上に設定され、契約期間が終了した時点で貸主が建物を買い取り借地権が消滅する借地契約のことです。

お金登記の必要がないのは便利ですが、契約は法律上必ずしも書面に収めておく必要がないためなるべく契約書に記載しておく必要が出てくるものです。貸主は借主から家を買い取らなくてはいけませんが、新たな借主が出た場合そこから家賃収入を得ることも可能になります。また、家を貸している際はそれらのほかに保証金などもうけ取ることが出来、土地の管理費が一切かかりません。

一方で元の借主は売却した額で自身の建物に対する投資を回収することができます。建物の譲渡には大きく2つの契約の種類があり、日にちを予め設定しておいて、借地と売買の契約をしておく方法と、日にちを決めずに契約を提携しておく方法に分かれます。マンションの場合、購入者全員で地主から土地を借地してしまう「つくば方式」という手段も存在します。これはマンションの構造全体を30年経過後地主が買い上げてしまい、建物の躯体を賃貸できるという特殊なものです。こちらも建物譲渡付定期借地権の内容の1つです。


△関連記事△

  1. 定期借地権とは
  2. 一般定期借地権
  3. 事業用借地権
Pocket